初心者でも大丈夫?仮想通貨(暗号資産)の始め方や注意点を解説!

副業

仮想通貨(暗号資産)取引って実際どうなの?

2021年にビットコインの価格が1BTC(ビットコイン)700万円を超えて、今まで以上に話題になった仮想通貨(暗号資産)。

ネット上には、「ビットコインの値上がりによって〇万円儲けた!」「安く買ったコインが高騰して資産が増えた!」などといった声が挙がり、仮想通貨の高騰は、今まで仮想通貨に興味がなかった層にまでも影響を与えました。

初心者からしたら仮想通貨取引は

・仮想通貨って怪しい・危ない
・大損したら怖い
・始めてみたいけどやり方が難しそう
・そんな上手い話はないのではないか?

などといったイメージがありますよね。

筆者もそのうちの一人でありましたが、いざ仮想通貨取引を始めてみると、気をつけるべきことに気をつけていれば、何も問題なく取引を行うことが可能だと感じました。

この記事では、仮想通貨の始め方や注意点、仮想通貨の初心者が実際に取引を始めてみて感じたことをまとめていきます。

仮想通貨の注意点

仮想通貨取引には、いくつか注意点があるので解説していきます。

投資初心者に仮想通貨はハードルが高い

今まで投資経験0の人が仮想通貨を始めるのは、少しハードルが高いといわれています。

なぜなら、数ある投資商品の中でも価格の変動(ボラティリティ)が激しいからです。

ビットコインに関しては、1BTC=300万円台(2022年8月現在)をうろうろしていますが、日によっては±50万円くらいの変動もザラにあります。

メディアでは過去にビットコインの高騰が話題となっていましたが、リスクを知らない人たちが聞いたら、めちゃくちゃ夢のある話に聞こえますよね。

だって、2020年12月頃には1BTC=100万円台だったのに、2021年の4月には、1BTC=700万円に到達したのですから。

みんみん
みんみん
夢がある反面、大きくマイナスになるという可能性もあるので要注意!!
また、先程もお話しましたが、仮想通貨は価格の変動が非常に激しいものです。この価格の変動に動じないメンタルも必要になってきます。

価格が下がり続けると、「これ以上損はしたくない」という気持ちになり、焦って売ってしまうことも。

ですから、完全に投資初心者の方は、まずはつみたてNISAなどの投資信託から始めて、「投資」に慣れることをおすすめします。

投資に慣れてきたら、仮想通貨を始めてみるのも良いでしょう。

仮想通貨は余剰資金で楽しむこと

先ほどもお話した通り、仮想通貨は価格の変動が激しいため、いきなり大金を注ぎ込むのはとっても危険です。

もちろんプラスになる可能性は大いにあるのですが、その分マイナスになる可能性もあり得ることを忘れずにいましょう。

仮想通貨を始める時は、「これくらいなら失ってもいいかな」と思う金額で始めることが重要です。

少額から始めてみて、仮想通貨取引の感覚がつかめてきたら、買い増しをしてみても良いでしょう。

もし「自分のお金を使ってやるの嫌だなあ、でもやってみたい!」という方は、無料で利用できるポイ活サイトを利用してみるのも良いでしょう。

マクロミルハピタスでは、稼いだポイントを仮想通貨に交換することができますよ。また、ビットコインを無料で稼げるcheeese(チーズ)というアプリもおすすめです。

みんみん
みんみん
cheeese招待コード:283bb47b65f99d26
を入力すると0.00001BTCがもらえるよ!

関連記事:無料で仮想通貨(暗号資産)が稼げる!初心者にもおすすめの仮想通貨ポイ活アプリ3選!!

365日24時間チャートが動く

投資信託は1日に一度の更新であり、株式は平日は15:00以降と土日祝日は更新されません(国内株式の場合)。
それゆえ、適度に距離を取ることができるのですが、仮想通貨は、なんと365日24時間チャートが動きます。

アプリを開けばリアルタイムで仮想通貨の値動きが見れてしまうんですよね。これは気になって常に見てしまいます。

そんなに頻繁に見ても何も変わりませんし、値下がりし続けるところを頻繁に見てしまうと、メンタルがやられてきます。

値動きチェックは適度な頻度にしましょう。

仮想通貨の始め方

初心者に向けて、仮想通貨取引の始め方を解説していきます。

仮想通貨ウォレットの開設

仮想通貨取引を始めるためには、専用の口座(仮想通貨ウォレット)を開設する必要があります。

筆者は今までいくつか証券口座を開設してきましたが、証券口座の場合は、口座開設申し込み→ハガキが届くのを待つ流れなので、少し時間が掛かります。

しかし、仮想通貨の口座開設は、10分ほどあればネットで簡単に開設できました。
※本人確認書類の提出から承認されるまでは少し時間が掛かります。それでも申請から2日後には承認されました。

本人確認書類が承認されたら、取引可能になります。ちなみに本人確認は、免許証の両面を撮影して、そのあと自分の顔と免許証を一緒に撮影しました。

私が利用している仮想通貨ウォレットは、コインチェックです。

コインチェック

調べてみると、仮想通貨の種類が一番多く揃っているとのことだったので、開設してみました。

初心者にも使いやすく、わかりやすいアプリなのでおすすめですよ。

その他にも、ビットフライヤーやDMMコインなどさまざまな仮想通貨口座があるので、ご自身に合うものを選んでみてください。

もう目星をつけている仮想通貨があるのであれば、欲しい仮想通貨が売っているのかを確認してから、口座開設をしましょう。

お金を入金する

仮想通貨ウォレットを開設したら、ウォレットにお金を入金します。
コインチェックの場合、最低購入金額が500円のため、初心者でも始めやすいでしょう。

まずは「失っても良いと思える金額」を入金してみましょう。

コインを購入する

ウォレットに入金をしたら、コインを購入します。

仮想通貨にはビットコインとアルトコイン(ビットコイン以外のコイン)二種類あります。
アルトコインはイーサリアムやリップルなど、さまざまな種類があります。

ビットコインの場合、1BTC=300万円台ですが、購入する際は、0.0001BTC=300円代や0.001BTC=3,000円代など、お小遣いの範囲内で購入することが可能です(2022年8月現在)。

みんみん
みんみん
初心者の場合は、0.001BTCくらいを購入してみると良いでしょう。

購入時はスプレッドに注意してください。
売値と買値の差、これがスプレッドと呼ばれるものです。

また、仮想通貨は税金が高いのでその辺もしっかり頭に入れておきましょう。

まとめ

仮想通貨(暗号資産)取引を始める際の注意点

・ボラティリティ(価格の変動)が激しいので初心者は気をつける
・いきなり大金を注ぎ込まず、失っても良い金額で始めてみる
・365日24時間チャートが動いているので依存性がある
仮想通貨(暗号資産)を始める際は、余剰資金で失ってもよいと思える金額から始めることが重要です。

慣れてきたら、自分の投資スタイルに合わせてポートフォリオに組み込んでいきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ